休日の過ごし方改革〜休日にしたいことをリストアップ〜

画像出典;GIRLY DROP(http://girlydrop.com/)さま
ありがとうございます♡

 

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみです。

3月からなぜかバタバタとしていて、気がつけば平成が終わっていた…

そのような状態だった、今年の春。

春を越えたいま、休日の過ごし方について変化があったので書き留めておきます。

 


* 以前の休日の過ごし方


* 休日=のんびりする=だらける日

わたしにとって「休日」とは「おうちでのんびりする日」。

家にずっといて、ひたすらにのんびりする日です。

むしろ休日に外出すると、全然休んだ気がしません。

(外出は楽しいのだけれど、その後に体力を回復するのに数日かかります。内向的ゆえ)

おうちで何をするかというと…遅く起きてだらーっとして、ご飯を食べてだらーっとして、そしたら夕方になっていて休日も終わりか〜なんて思うのです。

 

 

* これが本当に休日にしたいこと?

でもね、わたし、休日になったらしたいこと、たくさんあるはずなのです。

語学の勉強をして、ブログを更新して、本を読んで、映画を観て、早めにお風呂に入って。

もっと勉強したいし、もっと知識を得たいし、もっと書いていきたい。

それでも休日になると、それを全部忘れてしまうみたいで。

このやりたいことは、また次の休日に先延ばし。

そして次の休日に取り組むかと言えば、取り組みません。

また前回の休日と同じような休日を過ごすのです。

 

 

* 「だらける」と「ゆっくりする」は違う

連休でこのような休日が続くと、もっとだらけたくなる自分がいることに気づきました。

もっとだらけていると、結局何もできなくて、そんな自分が嫌になる…というオマケつきで。

わたしはこのような休日を望んでいる訳ではないはずなのに、やりたいことがいっぱいあるのに、どうして取り組めないのでしょう?

そこには、わたしの「ゆっくりする=だらける」の認識がありました。

休日はゆっくりする=だらける=何もしない、と自分の中で定義していたいのです。

でも、そうじゃなくていいんですよね。

ゆっくりしながら本を読んでもいいし、ゆっくりしながら映画を見てもいい。

ゆっくりしながらブログを書いたっていい。

そのゆっくりというかたちをどうするか?は、これから自分で作っていくことができるのです。

時間をかけて取り組む、楽な姿勢で取り組む、気持ちに余裕を持って取り組む…どれを選んでも正解!なのです。

 


* こんな休日を送りたい!


それでは具体的にどんな休日を過ごしたいのか。

ということでリストアップしてみました。

理想はちゃんと言葉として書き出すこと!

言葉にすることで、自分がどんな行動をしたいのかはっきりとします。

 

* 休日にしたいこと一覧
  • バレットジャーナルと向き合う
  • ウィッシュリストやほしいものリストの更新
  • ↑自分で叶えられるものは叶える
  • 空が明るいうちから時間をかけてお風呂に入る
  • いつもよりちょっとスペシャルなスキンケアをする
  • 語学の勉強をする
  • ブログの更新をする
  • 本を読み進める
  • 次の旅行について計画と準備をする
  • お散歩をする
  • お部屋の掃除をする
  • 早起きして少し時間をかけて朝食を作る

 

この全てを1日に詰め込む必要はないけれど。

休日にいくつかできたらいいなぁと思うのです。

数日の休日で分けて取り組むと、いずれ全て取り組めます。

そして「今日も何もしなかったなぁ」と思う休日を過ごすより、この休日を過ごすわたしの方が好きになれるでしょう。

 


* まとめ


この春に何も取り組めずに過ぎた休日が多かったこと、おそらく気候のこともあったのではないかなぁと思います。

苦手な気候の時期を超えたいま、また新しい気持ちで取り組んでいけそうです。

何もしない休日よりも、自分を好きになれるような休日を過ごしたい。

いまはその気持でいっぱいです。

まずは早速、休日にしたいことをバレットジャーナルに落とし込んでいきます。

 

みなさまの、過ごしたい休日はどんなものでしょうか?

一緒に休日の過ごし方改革に取り組んでまいりましょう♡

 

スポンサードリンク