『女を磨く ココ・シャネル の言葉』〜ファッション、恋、仕事、美意識〜

画像出典;オリジナル

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみです。

20世紀を代表するファッションデザイナー。

時代が変わってもなお、自身がこの世界を去ってからもなお、多くの人へ魅力を与え続ける人物。

彼女の名は?

そう、ココ・シャネルです。

 

女を磨く ココ・シャネルの言葉

 

シャネルについて書かれた本を読みました!

 


* 『女を磨く 言葉ココ・シャネル の言葉』概要


本を読み終わって強く思ったこと。

 

この本は、わたしがあれこれ語るものではないな。

 

ということで、シンプルにご紹介させていただきますね。

 

 

* 本の構成

この本は、彼女のことばをピックアップし、それに解説をつけていくスタイルで書かれています。

1つの言葉に2〜3ページの解説と、時々白黒の写真が掲載されています。

(このシャネルに関わる写真がまたおしゃれなんです…♡)

わたしはシャネルのブランドについても、彼女自身についても詳しくありません。

それでも言葉から見える、彼女の芯の強さには惚れ惚れとしてしまいます。

 

 

* 4つのカテゴリー

本は大きく、4つのカテゴリーで構成されています。

  • ファッション、エレガントな発明
  • 恋、仕事の原動力
  • 仕事、恋の栄養剤
  • 美意識、ゆずれない生き方

どのカテゴリーでも、彼女の言葉はどれもシンプルで率直です。

長ったらしく、曖昧なものはありません。

だからこそ強いパワーがあり、心に響くのでしょう。

 


* 「愛の物語が幕を閉じた時は」


この本の中で、わたしが最も気に入った言葉はこちら。

 

愛の物語が幕を閉じたときは、そっと爪先立って抜け出すこと。

相手の男の重荷になるべきではない。

 

精一杯ひとりの男性を愛したのであれば、その過去を誇りにすること。

その誇りを胸に秘めて、自分の足で歩きだすこと。

決して、終わった愛にすがるような女性にならないこと。

自らの気品と男性への尊厳を守る、とてもスマートな言葉だと思いませんか。

 


* 彼女は強運だったのか


シャネルは「この本に書かれていることが全ての人生」を歩んだ訳ではありませんでした。

この本では”強運の持ち主”という表現をされています。

しかしその強運を持ってしても、人が羨むようなきららかな世界にずっといたのではありません。

(詳細についてはウィキペディアでも多少知れます)

そのような背景を知ってから読むと、彼女の言葉の深さをより一層感じる事ができます。

 

 

いまの環境で、どの信念を持つか。

そしてその信念のもとに、どういった行動をするか。

彼女は強運を持っていたのではなく、逆境を強運に変える力をもっていたのだと思います。

それは信念から生まれてくる「ちから」です。

 


* まとめ


最近、思うことがあるんです。

今のわたしから、歳を重ねても持ち続けられるものってなんだろう、と。

それは知性と教養、そして思い出なのではないかと思うのです。

 

女を磨く ココ・シャネルの言葉

 

特に知性と教養は、自分が吸収しようと思えばいくらでも吸収できるもの。

そして、永遠の自分の財産になるのでしょう。

 

わたしの永遠のあこがれ、シャネルのN°5の香水。

その香水が似合う、知的な女性でいたいと願います。

 

スポンサードリンク