願いごと手帖 → バレットジャーナル になったおはなし

画像出典;オリジナル

 

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみです。

ようやく試験が終わったー!と思ったら、2018年も残り10日ということに気づきました。

12月はまだ1度もブログを更新していませんでしたね。

実はブログをお休みしていた間に、願いごと手帖のかたちがまた変わりました。

 


* 新しい願いごと手帖をはじめたけれど…


* 10月から新しくなった願いごと手帖

10月末に、およそ2年半使った願いごと手帖とさよならをしました。

そして新しいノートで再スタート。

そのときに書いた記事がこちらです。

 

新しい願いごと手帖と書き方♡〜願いごと手帖、変えました〜

 

このノート、表紙はもちろんのこと、中身のデザインもかわいくて。

ワクワクしながら書き始めましたが、すぐに開かなくなりました。

 

 

* 開かなくなった理由

これは単純です。

自由に書こう!と思ったのですが、何を書けばいいのか分からなくなってしまいました。笑

ノートに淡々と箇条書きしていくのも、なんだか味気ないなぁと感じました。

 

そして鉛筆で書く、ということ。

消しゴムで消すことができるのがいいなと思ったのですが、なんだかページ全体がふわっとした感じになります。

これは見た目だけでなく、自分の心もそう。

叶えるぞ〜!という気持ちが、なかなか生まれてこないのです。

消しゴムで消せるという安心感に甘えているのでしょう。

ワクワクしたのは最初だけ、だったのです。

 


* バレットジャーナルとの出会い


可愛いノートを使い始めから、このまま放っておくのはもったいないなぁ。

何かいい使い道がないかな?と模索をはじめました。

そしてたどり着いたのがバレットジャーナルです。

実は以前から少しだけ知っていたのですが、全てを自分で作るって大変そう…と思って敬遠していました。

絵やコラージュは上手じゃないし、ページのデザインを考えるのも苦手。

文章を書くことは好きだけれど、字が上手な訳じゃない。

でもYoutubeでバレットジャーナルの作り方を見て、ちょっと作ってみよう!と思いました。

 

 

* 参考にしたビデオ

今回はYoutubeで検索をかけて、いくつかバレットジャーナルの作り方を勉強しました。

1番参考にしたのはこちらのビデオ。

作り方やデザインというよりは、ページの雰囲気を。

「bullet journal setup」で検索をかけると、海外の方の作り方がたくさん出てきます。

おしゃれなバレットジャーナルがたくさん見つかりますよ。

視覚で分かるので、言葉が分からなくても大丈夫です。

 


* わたしのバレットジャーナル 


* 最初は「index」と「key」ページ

 

作り始めるにあたって、まずは鉛筆書きしていたページを消しゴムにかけました。

そして「index」と「key」のページを作りました。

ここはバレットジャーナルの作り方そのままです。

「key」のかたちは、基本的にハート♡にしました。

 

 

*「future log」はマンスリーカレンダーを

来年使用しようと考えている手帳には、マンスリーカレンダーがついていません。

ということでバレットジャーナルに記載することにしました。

ウィークリーは手帳に記載があるため、バレットジャーナルには作りませんでした。

お休みの日はオレンジとイエローの色鉛筆で色付け。

表紙の色に合わせてみました。

 

 

* 「Lucky List」

これは1日1個、ラッキーなことを書き記していくページです。

12月が16日はじまりで中途半端なのは、16日から使用をはじめたから。

ラッキーを数えるのに、キリよくを待つ必要はないのです。

 

実は夏に始めた「ドラマティックな日常を記憶するノート」、忙しくて書けない日が続くようになりました。

 

『ドラマティックな日常を記憶するノート』の作り方♡

 

この要素をバレットジャーナルに取り入れることにしました。

1日1行ならスキマ時間にさっと書くことができます。

ドラマティックな日常ノートを書くのも楽しかったので、もしかしたらまた復活させるかもしれません。

 

 

* その他のページ
  • 使用している(ストックしている)美容品のリスト
  • 読みたい本リスト
  • いつも覚えておきたい30のリスト(←自分磨きノートから)
  • 願いごとリスト(←願いごと手帖から)
  • 美容関係ほしいものリスト
  • 1ヶ月のTODOリスト

 

いま作っている項目はこのような感じです。

思いついたらどんどん追加していきます!

 

これまではテーマごとにノートを使い分けてきました。

だけど色々とノートが増えすぎた感じが否めません。

これを機に、バレットジャーナルにまとめられるものはまとめていこうと思います。

 


* まとめ


バレットジャーナル=作ることが大変というイメージでした。

だけど実際に作ってみたら、やっぱり自分好みにできるというのは楽しいし嬉しいことです。

 

使用するノートは変わっていないのに、バレットジャーナルとして始めてからノートをより有益に使えているような気がします。

そして気軽に持ち歩くことができるので、色々とモチベーションを保つことができるようになりました。

お気に入りのノートにお気に入りのことを書くというのは、こんなにも楽しいことなのかと感じています。

これだからノートを使うことはやめられないです♡

 

スポンサードリンク