新しい願いごと手帖と書き方♡〜願いごと手帖、変えました〜

画像出典;オリジナル

 

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみです。

先週「シンプルをつくる」というテーマのもと、いま持っているものを見直してみました。

そしてお気に入りのノートを、4年間も机の中で温めていたことに驚愕…!

思い切ってそのノートを新しい願いごと手帖として、使い始めることにしました。

 


* かつての願いごと手帖


2年半前に作った願いごと手帖がこちら。

 

わたしの願いごと手帖の書き方を紹介します♡

 

小学生の時に使う連絡ノートに、箇条書きでお願い事を書いていくというものでした。

シンプルに短く願いごとを書いていけるので、叶ったかどうかがすぐに判断できました。

だけど使い続けるにつれて、気になる点が出てきました。

 

  • カテゴリー分けができない
  • もう願っていないものが増えてきて、二重線で消した部分が多くなってきた
  • この2年半で色々とノートが増えてしまったので、一冊にまとめたくなった

 

このようなことから、思い切って願いごと手帖を変えることにしました!

 


* 新しい願いごと手帖は…♡


* ノートのご紹介

今回使い始めたのは、ディズニープリンセスのベルのノートです。

ずっと前に、ベルの上品な表情に惹かれて購入しました。

ノートの大きさは、文庫本サイズです。

 

 

このノートはビニール包装されていたので、表紙・裏表紙の内側にも装飾が施してあることを初めて知りました…!

 

 

中身に関しては、横線が引いてある一般的なノート。

紙質は厚くて丈夫、右上にワンポイントで薔薇が入っています。

(美女と野獣のアイコンですね♡)

ノートの横は、ゴールドでコーティングされています。

 

 

 

* 願いごとの書き方

書き方に関しては、基本的に以前と同じです。

 

  • お願いごとは現在形
  • 箇条書き

 

今回はある程度カテゴリー分けをしたいので、1ページずつまとめるようにしました。

 

 

「実現することリスト その1」の、左のページは「読む本リスト その1」です。

1ページが埋まったら、また次のページに見出しを書いて、そのことについてリスト化していく…という使い方。

見やすく、でも自由に書いていける方法はこれかなぁということで。

そして、今回は鉛筆描きで。

願い事を整理したときに消しゴムで消せるように、です。

この方法で試してみて、なんか違うな!と思ったら、また変えていこうと思います。

 

 

* 追記

しばらくこの方法で使ってみましたが、なんだかしっくりこなくて。

思い切って、願いごと手帖の使い方を変更しました。

 

願いごと手帖 → バレットジャーナル になったおはなし

 

バレットジャーナルとして再出発です。

鉛筆書きは、ペン書きになりました。

新しい使い方はとっても気に入っています♡

 


* まとめ


「願いごと手帖」としていますが、実際は願いごとだけではありません。

読みたい本、観たい映画、行きたい場所などなど…

あれもこれも、ひとつにまとめたノートとして使用していこうと思っています。

以前のノートよりも持ち運びにしやすいサイズになったので、外出するときもバッグに入れておきたいな。

このノートに書いたことは全部叶えられる!と思うと、いまからワクワクしちゃいます♡

 

スポンサードリンク