「やらないことリスト」を作って決めた、今月でやめること

画像出典;GIRLY DROP(http://girlydrop.com/)さま
ありがとうございます♡

 

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみ(@sweeticxoxo)です。

理想の自分を思い描くとき、まず見直すのが自分の今の習慣。

こんなわたしになりたいから、毎日運動する習慣をつけよう、早起きをしよう、勉強をしよう…。

あれもしたい、これもしたい、となりますよね。

だけど、1日の時間は24時間と決まっています。

取り組むことが増えても、時間が増えるわけではありません。

そこで必要になるのが「やらないこと」を決めることです。

 


* 「やらないことリスト」をつくる


今回のおはなしの基礎となるのは、以前書いたこの記事です。

 

それは本当に必要な行動?「やらないことリスト」を作ろう

 

新しい習慣を作る前に、まずは自分の習慣の見直しです。

自分の1日の生活を振り返って、この行動はやめたいなぁと思うことを洗い出してみます。

作るのに必要なのは、紙とペンだけ。

そして、自分の気持ち。

何も難しいことはありません。

 


* わたしの9月の「やらないことリスト」


わたしが9月中にやめることは、こちら。

 

 

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

* 眠気覚ましにコーヒーを飲むこと

コーヒーを飲みたいと思って飲むのはOK。

だけど「眠気覚まし」の目的で飲むことは、やめる。

だって本当に飲みたいわけじゃないから。

 

 

* 購入するときにうだうだと悩むこと

わたしは買い物では即決ができません。

「これ本当に必要なんだろうか」「これを購入して後悔しないか」と色々と考えてしまうから。

でも、そう悩むものって、本当にほしいものじゃないはず。

本当にほしいのなら、そう考えることもないのでしょう。

だから悩むくらいなら、買わない。

 

 

* 一度信じると決めたことを疑うこと

これは言い換えると、勝手に過去を振り返って、過去の粗捜しをしてしまうこと。

「あの人のあの言葉、本当はこういう意味があったんじゃないかな」とか。

「楽しいと言ってくれたけど、本当にあの時は楽しんでくれていたのかな」とか。

だけどこれは、いくらわたしが答えを探そうとしたからって、わたしに真実は見つけられないことなのです。

こちらが得体の知れない安心感をほしいために、あれこれ過去を疑うのは相手に対して非常に失礼な行為。

だから、そのとき相手が表現したこと、そしてわたしが感じた感情は、信じていくことを「選ぶ」のです。

 

 

* 人の「言葉」「行動」に期待すること

「今度ご飯食べに行きましょう」だとか「一緒に行きましょう」だとか。

わたしが言葉を重視するタイプなので、ついつい楽しみにしてしまうけれど。

でも、本当にそう思ってくれているのなら、ちゃんとおはなしは進むもの。

そしてわたしも、本当に行きたいなら、自分からおはなしを進めようとするでしょう。

「こんな風に言ってたけど、具体的に誘ってくれないかな〜」なんて思うのも、相手に期待する行為。

そして相手にその行動をしてもらえなかったから、自分で勝手に落ち込んだりする。

自分の希望を相手に直接伝える努力をした訳でもないのに。

そういうの、やめます。

 

これを書いていて思ったのですが、わたしは「誘う」より「誘われる」ことに、価値を置いているのだなぁと。

確かに自分からお誘いすることって、本当に少ないです。

根底にあるのは、こんなわたしに誘われても相手は嬉しくないだろうな…って気持ち。

ここは変えていきたいなぁ。

 


* まとめ


人によっては、化粧を落とさずに寝ることだったり、SNSを意味なく見ることなのかもしれません。

だけど、どんなことであっても、やめることは誰かと同じでなくていいのです。

 

2018年9月、まだ10日あります。

10日もあれば、色々なことができます。

なりたい自分になるのは来月からと、先延ばしするのではなく。

今から、自分が思い描く素敵なわたしになりましょう。

 

スポンサードリンク