最高な2月になると知っているから、おしゃれをすることに決めたの

画像出典;GIRLY DROP(http://girlydrop.com)さま
ありがとうございます♡

 

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみ(@sweeticxoxo)です。

とっても不思議な感覚なのですが、2月は絶対に最高に素敵な1ヶ月になる!という確信を持っています。

この感覚は実際に2月になってからも、ずっと消えずに残っています。

 


* その根拠は何だろう?


結論から言うと、根拠はありません。笑

何か特別な予定がある訳ではなく。

楽しみなイベントがある訳でもなく。

ただ、ほんとうに、ほんとうに、なんとなくです。

 

もしかしたら、100日後の自分に会いに行くと決めたからかもしれません。

理想のわたしになる〜100日後になっていたいわたしを決める〜

 

もしかしたら、心ときめくものに出会えたからかもしれません。

『kailijumei(カイリジュメイ)リップ』の世界観と使用感に夢中!

 

傍から見たら、根拠もなくそう信じているってどういうこと?と思われるでしょう。

それでもわたしは、わたしの心の中に生まれた気持ちを、信じたいのです。

だってこの気持ちを知っているのは、わたししかいないのだもの

 


* 信じたその先で何をしたい?


こう、自分自身に問いかけてみました。

この気持ちを信じる前と同じように日々を過ごしても、私の選択、そこにたどり着くまでの思考が変化することにはならないから。

信じて、何をしたいのか。

その問いに、自分の中から出てきた答えはおしゃれをしたい!でした。

こういうツイートを読むと、「日々を可愛く過ごす」ことがとっても大事に思えます(実際に大事なのですが)。

 

 

でも、わたしが思った「おしゃれ」は、外見だけではありませんでした。

自分のいろいろな部分を「おしゃれする」ことでした。

 

* 例えば、ことば

わたしはその人の人となりが最も如実に現れるのは、ことばだと思っています。

どのような単語を使い、どのような文章の構成を行い、どのような伝え方をするのか。

それを一瞬で選び、判断し、伝える決断をし、実行する必要があるからです。

あまりにも一瞬なので、「意識する」ことさえ追いつけない。

でもそこを「おしゃれ」させることができれば、きっと周りに与える自分の印象は変わるし、言霊も宿る。

自身の変化の可能性が無限にある領域なのです。

 

* 例えば、立ち振舞い

おしゃれをしたって下をむいて歩いていたら、その輝きはどこへ行けばいいのでしょう。

きれいにお化粧した顔を見せるのは、自分のお靴だけになってしまいます。

その美しいネイルの指先は、どのように動かしたら魅力がいっぱいに引き出せるのでしょう。

自分の立ち振舞いが、おしゃれをした自分を輝かせるかどうかを決めるのです。

 

物を身にまとうことだけが、決しておしゃれではない。

教養も、考え方も、振る舞いも、全てがおしゃれなのだと思います。

 


* 1番のおしゃれは笑顔でいること


でもどんなおしゃれだって笑顔には敵わないな、と思うことが先日ありました。

にこにこと笑顔でいる人を見ると、とっても楽しそうで幸せそうで。

それは時に自分を守ってくれるものになります。

 

 

根本的にはこれと同じ理論ですね。

いつも笑顔でいる必要はありません。

人の心は、笑顔になる感情だけを持っている訳ではないからです。

でも笑顔が自分を守ってくれると知っているのなら、それはとても大きなパワーを手に入れることと同等の意味だと思います。

 


* おしゃれをして、笑顔で、大切な人と会おう


2月で、まだ冬と呼ばれる季節で。

まだまだ寒い日が続くけれど、寒い日が過ぎ去るのを待っていると、あっという間に年を重ねてしまうから。

とびっきりのおしゃれをして、寒さを吹き飛ばすくらいのはじける笑顔で、大切な人に会いに行こう。

誰かのためではなく、自分のため、に。

 

最高の2月になることを知っている。

もしかしたら、この思いそのものが「根拠」なのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク