【台湾旅行:女ひとり旅】台湾のおすすめ老街(烏來,鶯歌,三峽,鹿港,九份)

画像出典;オリジナル

 

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみ(@sweeticxoxo)です。

わたしは台湾の老街を歩き回るのが好きです。

台湾で食べることも、買い物をすることも、遊ぶことも好きですが。笑

飲み物を片手にひとり老街を心ゆくまで散策することは、至福の時間だなぁと感じます。

今回は訪れた数ある老街の中からまた行きたいな!と思ったところをまとめてみました。

 


* 老街とは?


一言で言ってしまえば、昔からある町。

日本で言う下町、城下町、という感じでしょうか。

お土産屋さんが立ち並び、その風景はどこか懐かしく、週末は活気に溢れる場所です。

台湾の至る所にありますが、今回は烏來老街鶯歌老街三峽老街鹿港老街九份老街の5つをピックアップしています。

 


* 烏來老街


* 台北からの行き方

烏來は台北から日帰りで行けます。

MRTで新店駅まで行き、そこから烏來行きのバスに乗り換えました。

 

 

烏來行きのバスは新店駅の改札を出たら右側、大通りにあるバス停に来ます。

わたしが行った時はバス停に着いたらすぐに「烏來」と書かれたバスが来たので、それにえいやっ!と乗りました。

新店から30分くらいで到着です。

くねくねとした山道を飛ばして(!)行くので、普段あまり車酔いしないわたしもちょっと気持ち悪くなりました…

車酔いやすい方は酔い止めの薬が必須です。

 

 

この橋を渡ったむこうにお店が並んでいます。

 

 

週末は賑やかなのでしょうが、平日のお昼に行ったらこんな感じ。

人混みを避けてゆっくりと回りたいなら平日がおすすめです。

 

 

* 小腹空いたらお餅を食べよ♡

この通りで見つけたおもちやさん!

目の前で焼いてくれます。

わたしが行った時は、8つの味から選ぶことができました。

今回は蜂蜜花生(はちみつ&ピーナッツ) にしました。

 

 

これ、とっても美味しかった!

ピーナッツとおもちの食感が見事にマッチ!

もう一度食べたいです♡

 

 

* 原住民族の文化を知れる

 

烏來は原住民族タイヤル族の町。

タイヤル族の文化や伝統を紹介する烏來泰雅民族博物館は無料で入館可能です。

実は今回平日に行った理由は、この博物館をじっくりゆっくり見て回りたかったから。

読み通り独り占めできました!笑

中にはお土産屋さんもあるので、原住民族の文化に興味があるならぜひ行ってみてほしいところです。

 

 

* 烏來の風景

町の至るところにタイヤル族の特色が現れています。

たとえばこの町にあるセブンイレブンの前にはオブジェがあり、他の店舗よりも華やかになっています。

 

 

左写真の右手前にいる子はオープンちゃんという台湾のセブンイレブンのキャラクターです。

よく見るとタイヤル族の民族衣装を着ていますね。かわいい♪

 

烏來は温泉の町でもあります。

どこか日本の温泉街と似ている風景が続きます。

 

 

わたしは夕方に台北に戻らなくてはならなかったので、温泉はまた次回に堪能することに。

帰りは台北駅行きのバスが来たので、乗り換え無しで帰ることができました。

 


* 鶯歌老街


* 台北からの行き方

こちらは台北のお隣、新北市にある老街です。

台北駅から桃園方向の電車(基隆方向ではないので注意!)に揺られて30分ほど、鶯歌という駅で降ります。

 

 

駅から歩いて10分ほどで鶯歌老街に到着します。

陶器の町として有名で、陶器屋さんがずらーっと並んでいます。

思わず可愛い〜!と声が出てしまいそうな、お花柄の陶器も豊富です。

 

 

街の中にヤシの木があって、南国とノスタルジックな町並みが合わさった不思議な雰囲気が漂います。

 

 

* 鶯歌でぜひ訪れてほしい場所

それは鶯歌光點美學館

 

 

天井がガラス張りになっていて、お天気がいい日に行くと室内にいながら青空を見渡せます。

カフェやファーストフード店もあるので、こんなおしゃれな場所でちょっと休憩することが可能です。

ここがとにかく綺麗すぎて感動するレベルだったので、また行きたいということでご紹介です。

 


* 三峽老街


* 台北からの行き方

こちらはMRTで板橋駅まで行って、板橋公車站(バスターミナル)から三峽老街と書かれたバスに乗りました。

 

 

高速に乗ったり、橋を渡ったり…バスで1時間ちょっとかかりました。

多分これはわたしが乗ったバスが色々と寄るものだったからで、本当はもっと短いルートで行くバスもあるはずです。。。

お昼過ぎに台北を出たので、着いた時にはすでに辺りが薄暗くなってしまっていました。

でもこれがちょうどよかった!

 

* 九份に似てる!?灯籠のライトアップが素敵!

 

暗くなってくると、レンガ作りの老街と灯籠の明かりでとても美しい町並みが見れたのです…!!

 

 

お店はほとんど閉まってしまって何も見ることはできませんでしたが、この町並みを見れただけで大満足♡

この老街はクロワッサンが有名だそう。

今度は暗くなる前に行って、食べ物を堪能してみようかと思います。

 


* 鹿港老街


中部の彰化県にある鹿港老街。

風光明媚な、海の近くにある老街です。

彰化出身の友人曰く、台北からだと新幹線を使えば日帰りも可能とのこと。

この老街についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。よかったらどうぞ。

【台湾旅行:女ひとり旅】フォトジェニックな彰化の鹿港老街と美味しい肉まん屋さん

 


* 九份老街


台湾といえば九份に行ってみたい!という方も多いのではないでしょうか。

「千と千尋の神隠し」と関係があるとかないとか…どちらにしてもノスタルジックで非日常な世界観を味合うにはぴったりな場所です。

 

九份老街については、下記の記事で詳しく紹介しています♡

【台湾旅行:女ひとり旅】人気観光地、九份(キュウフン)は夜と朝が魅力満載だった!

 

九份の近くには願いごとを書いたランタンを飛ばせることで有名な十分老街もあります。

こちらの記事で少しだけ紹介しています。

【台湾旅行:女ひとり旅】台北で行った場所、食べたもの飲んだもの

 


* まとめ


老街はひとつひとつの街に独自の雰囲気があり、台北とはまた違った台湾の風景が見れます。

時間をゆっくり取れる旅行であれば「老街巡り」をしてみるのもいい思い出になるかもしれません。

老街で楽しい時間を過ごしてくださいね。

以上おすすめ老街でした♡

 

スポンサードリンク