中秋の名月〜取り除いて見つける幸福の話〜

画像出典;GIRLY DROP(http://girlydrop.com/cafe/7959)さま
ありがとうございます♡

 

スポンサードリンク



 

 

こんにちは。うみ(@sweeticxoxo)です。

わたしのお部屋には窓が2つあります。

ひとつはカーテン、もうひとつはブラインドがかかっています。

ブラインドは基本的にずっと下げたままにしています。

しかし今日、掃除をする時にブラインドを上げて、うっかりそのままにしていました。

夜になったのでブラインドを下げなきゃと思って窓に近づいたところ、そこからきれいなお月さまが見えました。

 

いつもブラインドがかかっているから、知らなかったんです。

自分のお部屋から、こんなにきれいにお月さまが見えること。

 

わたしたちの日常でも、そこに存在するのに気づかない幸福って、たくさんあるのかもしれません。

何かが目隠しになってしまっているけれど、それを取り払えば本当はここに存在していること。

ただ少しだけ視点を変えてみたら、ちゃんと見つけられること。

遠くじゃない、すぐ近くにあること。

 

幸福は「手に入れる」ものというイメージが強いから。

時に一生懸命必死になって追いかけて捕まえなきゃ!と意気込むこともあります。

幸福は今を進んだ先にある、だから頑張って手に入れるんだ、と。

だけど本当はここにあって、視点を変えたり何かを取り除けば見つかる幸福だってあると知っているならば。

自分自身はどこにも行く必要がなくて、何者かになる必要もないのかもしれません。

 

時に「取り除く」ことで得られる幸福がある。

いらないものを捨てること、執着を手放す、というのがこの部類なのかもしれません。

 

今日は中秋の名月。

素敵な魔法にかけられそうと思うほどに、柔らかな月の光です。

この文章を読んだ後、ちょっとだけ携帯やパソコンの画面から離れて、お月さまを見上げてみてくださいね。

今日も1日、お疲れ様でした。

素敵な夜をお過ごしください。

 

スポンサードリンク